Hey,Doc!

10時4分?!
頼む!エンジンかかってくれ!!

一定期間更新がないため広告を表示しています



  • Category > -
  • Written by > スポンサードリンク

評価:
夏目 漱石
新潮社
¥ 380
(1952-02)

JUGEMテーマ:読書

私は今自分で自分の心臓を破って、

その血をあなたの顔に浴せかけようとしているのです――。
 

夏目漱石の代表作となる長編小説。友情と恋愛の板ばさみになりながらも結局は友人より、恋人を取ったために罪悪感に苛まれた「先生」からの遺書を通して、明治高等遊民の利己を書く。

この作品は高校の教科書に載っていたんだっけ?忘れてしまった。とにかく、学校の授業で習った記憶はある。だけど、当時はこの作品に魅力を感じられなかった。退屈だった。なぜ有名なのかも分からなかった。しかし、この作品は夏目漱石の代表作という枠を超えてしまっている。誰でも知っている文学作品ではなかろうか。

私が文学に積極的な興味を抱き始めたのは、大学に進学してからだ。それまでは角川ホラー文庫等、流行小説ばかりを追っていた。一旦その熱も下火になり、でもやはり活字離れは出来ず、日本文学に目を向けた。ともなれば、まずはこの作品だ。書店で真っ先に手を取ったのは言うまでもない。

この作品を改めて読んだ時の衝撃は、今でも忘れられない。全身が震えた。おおげさだと笑うかもしれないけど、これはマジ。

この作品は三部編成となっている。一部が先生と私。二部が両親と私。三部が先生と遺書。ここでいう「私」とは、学生である。先生の人柄に惚れこんだ本作の語り手であり、視点である。私たち読み手は、この「私」である学生を介して、主人公である「先生」を覗き見ることになる。この作品の特徴としては、先ず持ってして、「先生」がいかに魅力的なのかということ。そして、「先生」のことを知りたくて堪らない「私」なのだが、物語が進行するにつれ、「先生」との物理的な距離が離れていってしまうことである。一部では二人はよく会話している。二部では「私」が、自分の憧れである「先生」とはおよそ対照的な自らの父との物語であるが、その中で「先生」との手紙のやり取りがある。この時点で、「私」は「先生」と二度と会えなくなるのではないかと悟ることになる。「父」が危篤状態になった矢先の出来事であった。つまり、「私」は両極端な「先生」と「父」の二人を失いかける事態に直面した。そして面白いのは「先生と遺書」である。一部まるまるが「先生」からの手紙だけで構成されているのだ。つまり、視点は「私」であったはずが、急に「先生」の手紙の文面という二人称視点へと変化するのである。ここで、「私」という存在を読み手は忘れかけ、まるで「先生」から直接語りかけられているかのような錯覚に陥る。

「先生」は親友と恋人との間に板ばさみとなり、結果、悲劇を生んだ。そのほんの一片に、「私」は関わってしまった。それなのに、「先生」の抱える苦しみは深い。遺書が開始されてすぐ、「先生」は書いている。あまりに素晴らしい文章だが、ちょっと書かせてもらおう。ネタバレになるので、まだ読んでない方はご遠慮ください。

貴方は現代の思想問題に就いて、よく私に議論を向けた事を記憶しているでしょう。私のそれに対する態度もよく解っているでしょう。私はあなたの意見を軽蔑しなかったけれども、決して尊敬を払い得る程度にはなれなかった。あなたの考えには何等の背景もなかったし、あなたは自分の過去を有つには余りに若過ぎたからです。私は時々笑った。あなたは物足なそうな顔をちょいちょい私に見せた。その極あなたは私の過去を絵巻物のように、あなたの前に展開してくれと逼った。私はその時心のうちで、始めて貴方を尊敬した。あなたが無遠慮に私の腹の中から、或生きたものを捕まえようという決心を見せたからです。私の心臓を立ち割って、温かく流れる血潮を啜ろうとしたからです。その時私はまだ生きていた。死ぬのが厭であった。それで他日を約して、あなたの要求を斥けてしまった。私は今自分で自分の心臓を破って、その血をあなたの顔に浴せかけようとしているのです。私の鼓動が停った時、あなたの胸に新らしい命が宿る事が出来るなら満足です。

ここを皮切りに、「先生」のいわゆる告白が始まる。どうだろう。この文章。夏目文学の中でも特に秀逸な文章ではなかろうか。ここを読んだ瞬間、本当に震えた。(本当です)人の内面を深く抉るような文章。すごすぎる!

まだ読んでいないという方。今すぐ読みたくなった方。もしくは、読みたいけどお金がないという方。サイト(PC推奨)へいってみてください。全て読めます。

自己満足的評価 ★★★★★



ここらで映画はお休みしまして、トラックバックBOXを活用してみたいと思います!

「2008年おすすめ小説ベスト3」ということで、私も書いてみました。上から順番に1、2、3位となっています。今年も相変わらず小説は読み漁ってます。その中でも特に印象強かったのが、下の3つとなります。1位はもうね、ダントツの1位なんです(意味不明)。読み終わった瞬間、痺れました。この作家、まじに凄いからw

ちなみに4位は「99%の誘拐」で、5位は「赤い指」です。こちらの作品も、かなり素晴らしいものなので、追々記事を書こうかと思ってます。今日は内容には触れず、簡単におすすめだけさせてもらいました♪

皆さんのおすすめもかなり気になります。私の友達に小説を読んでいる人が少ないので、自分で探すしかなかったりします。とりあえず、本のタイトルだけでもいいので、適当に私にすすめてくださいwよろしくお願いします。

評価:
伊坂 幸太郎
新潮社
¥ 660
(2005-04)
コメント:ページを捲る手を止めることが出来なかった!

評価:
芥川 龍之介
角川書店
¥ 340
(1989-04)
コメント:地獄変の恐ろしさは、夜眠れなくなるほどです!

評価:
東野 圭吾
講談社
¥ 1,785
(2008-03-05)
コメント:東野圭吾ならではの「人間」らしさが最高!





それでいいのよ。

ほんとうに人を好きになれるのは、

もう女だけなんですから――。


上越線開業(昭和6年 清水トンネルの開通)当時の越後湯沢を舞台にする小説。昭和9年から手がけ、昭和10年からそれぞれの章を独立した短編として「文藝春秋」「改造」「日本評論」「中央公論」で発表。昭和12年、新稿も加えて創元社から1冊になって発行された。昭和22年(48歳)、『続雪国』(小説新潮)が書かれ、完結。戦中を含め、足かけ13年の歳月が注がれている。昭和46年(72歳)、『定本雪国』(牧羊社)が発行。川端は越後湯沢の宿屋「不老閣高半(ふろうかく・たかはん)」のかすみの間でこの作品を書いたという。サイデンステッカーの外国語訳(英訳)版もあり。

ああ、この記事書くのに相当迷ったw↑の一節。
いつも、冒頭のでかい文字の部分を選ぶのに、結構小説を読み返していたりするのだが、本作に関しては、候補がかなりあって熟考を重ねた。

この小説での有名な文句といえば、やっぱり、

「国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。」

もしくは、

「悲しいほど美しい声」

の二つになるのだろうか。
とにかく、本作は絵になる文章ばかりであった。もっと読みづらいものを想像していたのだが…。だからこそ、お気に入りの文章がたくさんあるあるw

もっと文章を紹介したいんだけれども、あまりに書きすぎるとネタバレするので、ここらへんでw
「国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。」のあまりにも有名な一節は、私にも馴染み深かった。というのも、Mr.Childrenの「天頂バス」の歌詞にも「トンネルを抜けると」とあるのだ。

「国境」。皆は何と読んだであろうか。
「コッキョウ」「クニザカイ」。評論家の間では議論に発展しているらしい。
私は思い切り「コッキョウ」と読んでしまった。あまりにも無学で情けない。とある評論家達の間では「主権国家と主権国家の境のことをコッキョウと読むから、本作の場合はクニザカイと読むのが正しいのではないか」という意見が有力なのだそうだ。がしかし、「雪のない国と雪のある国の境のことを示しているのだとしたら、コッキョウのほうが頷ける」といった意見もある。
また、川端の文章は仄めかしたり、比喩が多い。なので、あながちコッキョウと読んでもそう悪くはないといった意見も見受けられた。
私はコッキョウと読んだ方が、文章のリズム的にとてもかっこ良い感じがするので、気に入っている。

本題に戻ろう。
この作品は、島村という語り手側の男と芸者である駒子の物語である。
冒頭で一人の女が出てくる。この女の声が「悲しいほど美しい声」の持ち主であるが、この女は駒子ではない。

「悲しいほど美しい声」という言葉は、作中何度も出てくるが、飽くまで島村と駒子の密接な関係がメインで語られている。両者の特異な関係が、読み進めていくうちに徐々に深まっていく。だが、男女のそれの関係には発展しない。それは何故か。
読み手それぞれの意見に分かれるだろうが、私の見解では「悲しいほど美しい声」の持ち主である葉子の存在が鍵を握っているのではないかと考えられる。

この物語には、はっきりとした結論はない。と言えるだろう。
派手な物語ではないし、胸が焼き付けられるような色恋沙汰もない。
しかし、文章が際立っている。それに、魅入られてしまうのだ。

特に、後半の「天の河」のシーンは残酷でありながらも浪漫に溢れ、とても壮大である。
最後まで読者を惹き付けて離さない、突出した文才のなせる業である。

島村という男は、実に宙ぶらりんで芯のない男のように思えてしまう。
だからこそ、記事の冒頭の3行に私は共感してしまったのだ。
全てのケースに当てはまるわけではないのだろうが、この3行にこの作品のテーマが隠されている気がしてならない。

自己満足的評価 ★★★★★







死んだら、埋めてください。

大きな真珠貝で穴を掘って――



そう言い残して逝った女の墓の傍で、男は百年待った…。
不可思議な幻を紡ぐ「夢十夜」。
絵画的で詩情あふれる文章の中に“理智の人・漱石”の側面をも覗かせる名作。


夏目漱石の作品で、確か2番目に買った本だったかな…。
第一夜から、文章の美しさにうっとりとしてしまった。なんて素敵な言葉を並べるのだろうかと…。
本作は一夜ずつ違う夢が描かれているのだが、その一つ一つにドラマがあり、あっと驚かされたり、可笑しくなったり、悲しくなったり。

でも、全て通して共通した感情は「恐怖」だった。
特に第三夜は、夢だとしても怖い!そして痛いほどの愛情を感じた。
第六夜はなんだか、とても可笑しい。そして妙だ。妙だからこその怖さというものを感じる。
また、第八夜は意味が理解できていないのだが(まあ、夢なのだと割り切ってしまえばそれまでだが)、意味不明なだけにとてもそら恐ろしい。こんな夢見たら、寝覚め悪いよw
第八夜は微妙に第十夜とリンクしている。
しかし、その接点には果たして意味がないのか、あるのか。
ああ、考えているうちに頭がおかしくなりそうだ…。

ひとつひとつがとても短いので、さくさく読めてしまう。
本当はもっと分析するべきなのだろうが、わからなくてもわからないなりに楽しめるのがこの作品。

自分で書いていて、この記事に意義を感じることができなくなってきたが、個人的に好きな作品なので、紹介させてもらった。

また、この作品についての記事を書こうと思ったら、なんと映画化されるらしいのだ。
ついでなので、ちょっと紹介w

横罫線
『ユメ十夜〜Ten Nights of Dream〜』
夏目漱石が贈るジャンボ・ドリームエンタテインメント
1月27日(土)全国“開運”ロードショー


100年前から届いた「余は吾文を以て百代の後に伝えんと欲する野心家なり」(1906年10月22日森田草平宛書簡より)という漱石の挑戦状を受け、美の世界が広がる不朽の幻想小説「夢十夜」の世界を、天才・異才監督たちが、大胆な推理、解釈、そして奔放なイマジネーション、ファンタジックな映像を駆使し、解き明かしていく豪華絢爛迷宮エンタテインメント。

■監督:実相寺昭雄/市川 崑/清水 崇/清水 厚/豊島圭介/松尾スズキ/ 天野喜孝&河原真明/山下敦弘/西川美和/山口雄大
■プロデューサー:角田 豊/廣瀬和宏/太田裕輝/公野 勉
■原作:夏目漱石
■キャスト:
小泉今日子/松尾スズキ/うじきつよし/中村梅之助/山本耕史/市川実日子/大倉孝二/阿部サダヲ/TOZAWA/石原良純/sacha/秀島史香/藤岡 弘/緒川たまき/ピエール 瀧/松山ケンイチ/本上 まなみ/石坂浩二/戸田恵梨香
横罫線

本作はなんと、100年前(正確にいうと99年前w)のものだったのだ。
漱石自身語っている。100年に渡って伝えていきたいと。
今、まさしく今、この作品を読んでほしい。

自己満足的評価 ★★★★☆







人の命など、一瞬の炎の閃きに過ぎない。

誰も、この石ころより長くは生きられないのだ――。


日曜の昼下がり、株式上場を目前に、出社を余儀なくされた介護会社の役員たち。エレベーターには暗証番号、廊下には監視カメラ、有人のフロア。厳重なセキュリティ網を破り、自室で社長は撲殺された。凶器は。殺害方法は。すべてが不明のまま、逮捕されたのは、続き扉の向こうで仮眠をとっていた専務・久永だった。青砥純子は、弁護を担当することになった久永の無実を信じ、密室の謎を解くべく、防犯コンサルタント榎本径の許を訪れるが―。

本作が出たと同時に購入し、あっという間に読んでしまった作品である。
なんといっても、貴志祐介が4年半ぶりに出したミステリーなのだから。
友人の誕生日に「クリムゾンの迷宮」をプレゼントしたぐらいであるw読まない手はない。

しかも、今までのホラー色の強い作品ではなく、本格ミステリというではないか!

平素から、ミステリを読む際、なんとなく犯人の目星はつけるのだが、悉く外れる。面白いくらいに。ミステリ好きは名乗れないであろう。心の中で好きでいればいい。

本作も当然の如く、犯人など当てられなかった。
ただ、無駄のない文章やトリックの謎解きを恍惚として読んでいた。
読了後の感想はというと、そんなにないと答えてしまうところだが、敢えて言うと「はぁ〜!だからこんなタイトルにしたんだなぁ〜〜」という、まったくもって頓狂な感慨を抱いたという一点に尽きるだろう。
こんなんで一丁前に小説の評価までしてしまうのだから、愚の骨頂である。

この作品は二章で構成されている。
一章は楽しく読めた。だが、物足りない。その物足りなさが二章で補われているのだが、私は二章を読み始めて、少し気分が萎えた。
この作品に、犯人の生い立ちや心理描写がこんなにも必要だろうか?
ま、だからこその貴志作品である。登場人物に深みを持たせるための、貴志的技巧であろう。

自己満足的評価 ★★★☆☆





ばあちゃは、毎日、死にたい、死にたいと思うとる。

洪ちゃがここに居る間に、

何とかして死にたいと思うとる。

だが、そう思うように行くかどうかは判らん――


伊豆の湯ヶ島の山村で、おぬい婆さんと二人で暮らす洪作少年の日々。ゆたかな自然と、複雑な人間関係のなかで、洪作少年の心は育っていく。井上靖の自伝的な名作。

この小説の驚くべきは、登場人物たちの感情の表出があっけないくらいに無い、という特徴を持っている所ではないだろうか。

主人公である洪作は、5歳の頃から両親と離れて、祖祖父の妾であったおぬい婆さんと二人で、土蔵で暮らしていた。村人達から白い眼で見られながらも、洪作にだけは愛情を注いでいた。
洪作と一緒に暮らすことによって、おぬい婆さんは妾という不安定な立場からある程度脱却できるからこそ、他人といってもいい洪作と共に暮らしているのではないかとも思われたが、それは完全なる誤解である。

おぬい婆さんの洪作への愛情は、一言では表すことができない。
そう。本作を全て読みきって初めて、その愛情の大きさに気づかされるのだ。

文体はあまりにも客観的すぎていて、感情の高ぶりなんてものはなく、ただ二人の間に起こった出来事をつらつらと述べてあるだけだ。

しかし、何故こんなにも人間くさいのだろう。
何故こんなにも胸に響くのだろう。

土蔵で暮らす二人の情景が目に浮かぶようである。

自己満足的評価 ★★★★☆





もっと恐怖を感じろ。

そうすれば、血中にどっとアドレナリンが放出されて、

今よりも、はるかに美味になる−。


一昨年、大手の証券会社が破綻し、失業者となった四十歳の男・藤木芳彦は、この世のものとは思えない異様な光景の中で目覚めた。視界一面を、深紅色に濡れ光る奇岩の連なりが覆っている。ここはどこなんだ?傍らに置かれた携帯用ゲーム機が、メッセージを映し出す。
「火星の迷宮へようこそ。ゲームは開始された……」
それは、血で血を洗う凄惨なゼロサム・ゲームの始まりだった。

これは、やはりホラーに傾倒していた高校生の頃に読んだ作品です。
最初「黒い家」で貴志祐介のファンになり、当然のように本作にも出会いました。

これは、じっくり読むというよりも、早く先を!!ってな具合にどんどん読み進められる物語です。
大体同時期に出た「バトルロワイアル」にも通じるところがあります。私は「クリムゾンの迷宮」を読んで、だいぶ後に「バトルロワイアル」を読んだので、「あ、クリムゾンっぽいなw」って思った方なんですけどね(・∀・)

深紅(クリムゾン)色の光景の中で目覚めた藤木は、暑さと喉の渇きを覚えます。そこからが物語の始まりとなっていて、当時の私としては、冒頭の1頁でもう完全にハマってしまっていました。

この後藤木は、覚えのない土地で覚えのないゲームに参加させられてしまいます。どうやら賞金がもらえるらしく、藤木の他にも参加者がいるらしい。どうやらこのゲーム機がナビゲートしてくれるらしい。どうやら食料や水には限界があるらしい。どうやら、生死にかかわることもありえるらしい……。

徐々に危機を感じていく藤木を待っている数々の罠・伏線・恐怖。
どこに転んでも窮地に立たされた藤木の選択とは……?

ハラドキな絶妙の一品。
ホラー好きな方も、そうでない方も、是非読んでみてください!

自己満足的評価 ★★★★★





どうして人間は

自分に殺意を抱いた瞬間

爆破するシステムになっていないのだろう——。


私は何故こんなにも面倒な人間なのだろう。
オートフィクション(自伝風小説)を書き始める作家。それは彼女が殺した過去の記録であり、過去に殺された彼女の記録でもあった…。



金原作品は、出版される度につい買ってしまう。
読んでいないのは、アッシュベイビーくらいか…。

文章のイメージとしては、ある事象に対する自己の一瞬の思考を全て文章化した、といった感じである。

だから、面白いくらい共感してしまう部分もあるし、全く理解不能で「これはどういうことだろう?」と考えさせられる部分もある。
日々の単調な生活の中で、その日に感じた思考を全て文章に記すことが出来るとしたならば、恐らく自分でもびっくりするくらい突飛なことを考えているのかもしれない。そして、その思考が自分に正直なものであったり、嘘をついていたり。

だって、結局他人には知られないはずなのに自分に嘘つくように物事を考える癖がついていたりもする。

自己をこれでもかというくらいに追従する金原作品は、他にはあまり見ることの出来ない感慨をもたらしてくれる。

オートフィクションというが、金原作品は全てこれに分類されるものなのかもしれない。

「ノンフィクション」

そう感じさせるセンスが、つい本を買ってしまう動機になっているのではないだろうか。

自己満足的評価 ★★★☆☆






「こんなヤツ、殺しちゃえよ」

東城大学医学部付属病院では、心臓移植の代替手術であるバチスタ手術の専門チーム「チーム・バチスタ」を作り、次々に成功を収めていた。ところが今、三例続けて術中死が発生している。しかも次は、海外からのゲリラ少年兵士が患者ということもあり、マスコミの注目を集めている。そこで内部調査の役目を押し付けられたのが、神経内科教室の万年講師で、不定愁訴外来責任者・田口と、厚生労働省の変人役人・白鳥だった…。

第4回2006年「このミステリーがすごい!」大賞、大賞受賞作の本作。

確か私は先月この本を購入した。ミステリーに笑いの要素が組み込まれているということに、つい手が伸びてしまったのだ。

読み始めから、この本の面白さを予感した。
病院長と田口の会話から始まるのだが、そのやりとりが他の病院を舞台にした小説とは一線を画している。ユーモアがあり、やりすぎスレスレのラインであるにも関わらず、病院の内部状況がリアルなのである。

それもそのはず。
作者は現在勤務医だというのだから。

成功率100%を誇ってきた天才外科医「桐生」率いるチーム・バチスタの栄光が壊れた三例の術死。
この事件の謎を、外科の第一線から逃げ回っている田口に、果たして解明できるのだろうか?!おまけに、厚生労働省からやってきた超変人の白鳥が調査に加わって、田口は振り回される振り回されるwww

最後までダウンしない可笑しさと緊迫感を是非体験してみてください!


自己満足的評価 ★★★☆☆





此の世に生まれてから後にも先にも此の沈黙の数分間ほど楽しい時を生きたことがなかった−。

盲目の三味線師匠春琴に仕える佐助の愛と献身を描いた谷崎文学の頂点をなす作品。


これは2年ほど前に読んだ作品ですが、今でも心に根強く残っています。
「短絡的だ」、「大げさだ」といった現実感がないという意見もあるようですが、私は「決して触れることの出来ない世界を垣間見れた」という印象を受けました。映画化もされているようですが、本作を映画で観るのには抵抗があります。

マゾヒズムの真骨頂と言ってしまえばそれまでですが、こういう愛も現実にあるのではないかと思います。
後半の春琴が顔を傷つけられたことによる佐助の行動に、胸が熱くなりました。両者の間に流れる微妙な空気感。その件で、私はこの作品に出会えたことを心から喜びました。
ほとんど句読点のない文章、今ではほとんどお目にかかれない言葉、憧憬の念にかられる佐助の姿。

美しくも屈折し、それでいて翳りのない愛の物語。
皆さんは、この二人が紡ぐ物語を純愛だと思いますか?


自己満足的評価 ★★★★☆



このpageのtopへ▲

2017

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
       
     iPhoneもAndroidもWidget World(ウィジェット・ワールド)

SUPERMARKET FANTASY [初回限定盤:CD+DVD]
ダークナイト 特別版 [DVD]
バック・トゥ・ザ・フューチャー
clock

Recent Comment

  • QR-code
  • qrcode
  • RSS 1.0
  • Atom 0.3
  • others
  • Administrator
  • Template Support
  • 今日のニュース
    このpageのtopへ▲