Hey,Doc!

10時4分?!
頼む!エンジンかかってくれ!!

一定期間更新がないため広告を表示しています



  • Category > -
  • Written by > スポンサードリンク

JUGEMテーマ:映画


喉が渇くんだよ――。

16年前、ある島の島民全員が死亡した事件が政府によって隠蔽されるが、二人の少年が奇跡的に生き延びた。その一人でエリート銀行員となった結城美智雄(玉木宏)の裏の顔は冷酷な殺人鬼で、神父となった賀来裕太郎(山田孝之)は結城を救済しようと苦悩する。そんな中、16年前の事件の鍵を握る「MW」を手にした結城は世界滅亡を目論む。

見てきました。本当は「蟹工船」も見たかったのに、田舎のせいで上映されてなくって、本作のみ鑑賞。原作は読まないで、公開記念ドラマも見ないで、何も頭に入れない状態で見てきました。

山田孝之さん、やっぱりあなたの演技は最高です!素晴らしい演技でした。文句なしです。
玉木宏さんの出演している作品はあまり見たことがないのですが、目が印象的で、台詞がなくともその目だけで全てを物語ることが出来るくらい、グッときました。二人の主演には拍手です。

で、内容なのですが、簡単には説明のつかない作品です。結城は単純に悪だといえるのかもしれませんし、賀来は善なのかもしれません。しかし、少し視点をずらすと、全く違う世界がそこには広がっています。

なんて不思議な映画なんでしょう。偏光映画とでも言いましょうかw

結城は復讐に燃えるダークヒーローかと思いきや、終盤へ進むにつれて、彼を突き動かす対象が何なのか分からなくなる。そこにまずゾッとする。何をしたいの?いつが終わりなの?と。賀来は善の道を進んでいるのだけれど、自分の命の恩人である結城に逆らえず、悪に加担してしまう可哀想な神父に見える。しかし、ひょっとするとまんざらでもないと思っているのかもしれない。どこか、結城に対して特別な思いを秘めているように感じられるシーンが所々に見受けられる。つまり、二人とも対極ではないのかもしれない。でも、やっぱり悪と善なのかもしれない。いや、若しくは善と悪なのかもしれない。



スマートで美しく、頭脳明晰な結城。その行動は大胆であり、冷静で残酷。そんな彼に対して、賀来は憧れを抱いていて、それと同時に嫉妬の念すらも抱えているとしたら、きっと僅かな優越感もそこにはあったのかもしれない。人を殺し続けても満足感が得られず、常に醜い渇望に衝き動かされている結城を見て、特に取り得のない(ように見える)賀来は、己の善を深く感じることが出来るはずだ。結城の闇が深ければ深いほど、自分が正しく、清い存在であるという自信が高まるのだろう。だから、悪の一端に手を染めながらも、離れようとはしないのではないだろうか。最後まで「一緒に逃げよう」と言い続けたのではなかろうか。

後半、二人の関係に大きな変化が生まれる。それがきっかけで、事件は急展開を迎える。
終わりのないモラルの崩壊を背負った結城。聖職者であり続ける事と親友との間で揺れ動く賀来。二人の行く末に待つものとは何なのか、「MW」はどちらの手に渡るのか、ぜひ劇場でご確認ください。

MW−ムウ−予告


公式ホームページ



映画の世界を広げよう♪


2009年 日本
監督:岩本仁志
出演:玉木宏、山田孝之、山本裕典、山下リオ、風間トオル、鶴見辰吾、中村育二、半海一晃、品川徹、石田ゆり子、石橋凌他


自己満足的評価 ★★★★☆











  • Category > -
  • Written by > スポンサードリンク

Comments

▼コメントする









Trackbacks

Trackback URL
このpageのtopへ▲

2017

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
       
     iPhoneもAndroidもWidget World(ウィジェット・ワールド)

SUPERMARKET FANTASY [初回限定盤:CD+DVD]
ダークナイト 特別版 [DVD]
バック・トゥ・ザ・フューチャー
clock

Recent Comment

  • QR-code
  • qrcode
  • RSS 1.0
  • Atom 0.3
  • others
  • Administrator
  • Template Support
  • 今日のニュース
    このpageのtopへ▲