Hey,Doc!

10時4分?!
頼む!エンジンかかってくれ!!

一定期間更新がないため広告を表示しています



  • Category > -
  • Written by > スポンサードリンク

JUGEMテーマ:映画


社会主義は扉を閉ざすのではなく

他者に手を差しのべ、共存することだ――。

アレックスの母、クリスティアーネは、夫が西側へ亡命して以来、祖国・東ドイツに忠誠心を抱いている。建国40周年を祝う夜、クリスティアーネは、アレックスがデモに参加している姿を見て心臓発作を起こし、昏睡に陥ってしまう。意識が戻らないまま、ベルリンの壁は崩壊、東西ドイツは統一される。8ヵ月後、奇跡的に目を覚ました母に再びショックを与えないため、アレックスはクリスティアーネの周囲を統一前の状態に戻し、世の中が何も変わらないふりをしようとするが…。

この間の「しゃべくり007」というバラエティー番組で、この映画が紹介されていた。泰造の熱弁に、速攻レンタルショップへ!!

東西に分かれていたドイツが統一するという激動の時代の中での、あるひとつの家族の物語である。アレックスが主人公。この青年、誰かに似ている気がするけど思い出せないwそして、アレックスの母クリスティアーネ、それを取り巻く周囲の人々との、絆と愛が描かれている。

とりま何が凄いのかというと、アレックスの行動力だ。夫が西側に女を作って逃げていったと嘆くクリスティアーネは、どっぷりと社会主義に浸かっていた。そんな中、息子であるアレックスは反体制のデモに参加し、その現場を母に目撃されてしまう。母はあまりの驚きに、心臓発作で倒れてしまった。8ヶ月という長い間、母は意識不明のまま病床に臥せていた。そこへ毎日のように訪れるアレックス。母が眠っている間、世の中は激変。社会主義は倒壊し、東西統一という名のもと、一気に資本主義の波が押し寄せた。このまま意識は戻らないかのように思えたが、8ヵ月後、母は目を覚ます。

医師の言葉では、母はもう長くないとのこと。だから、ちょっとした刺激でも死に直結してしまう、とアレックスへ警告した。このまま病院に入院させていたら、いつか母の愛した社会主義が消えていることがバレてしまう。そうなったら、母の命に危険が及ぶ。そう考えたアレックスは、母を退院させた。

家の中はベルリンの壁崩壊後、思い切り西側に染まってしたのだが、母の倒れる前の状態へまた戻した。母が「瓶詰めのピクルスが欲しい」と言えば、見付かるまで探し続ける。しかし、どの店へ行ってもあるのはオランダ製のピクルスのみ。自分の町から、東の物がどんどん消えていく。テレビ番組もそうだ。「テレビを見たい」という母の要望のため、母が意識不明になっていた間に放送された東ドイツのニュース番組を資料館から取り寄せ、隠したビデオデッキにて再生させ、母に見せていた。それが尽きると、今度は西ドイツ出身の仕事仲間であるデニスの協力のもと、ニュース番組を制作し始める。ゴミを漁っては東ドイツ時代の瓶をかき集め、そこへスーパーで買ったものを詰め替える。母の誕生日にはとっくに退職した校長や、お金目的の元教え子や、近所の人々を集め、社会主義を演じさせる。毎日毎日、アレックスは母のためだけに、周りを全て変えた。嘘をつき続けた。疲労でいつの間にか眠ってしまうほどに。その全ては、母のために。

アレックスは自責の念に駆られていたのだろう。自分のせいで倒れた母。その母のために、罪滅ぼしのために、アレックス自身が社会主義を愛した。そして、母の愛したはずの世界が消えるのを見て、反抗したのだ。共に生きてきた時代を最後まで必死で守ろうとした。かつてはデモに参加したはずのアレックスなのだが、生き方がまるで逆転してしまったのだ。

周囲の人々からは、特に姉と恋人のララからは非難の声が上がった。こんなことをしても無駄だし、母が可哀想だと。それでも、アレックスはやめなかった。彼を動かしていたのは、純粋で揺るぎない母への思いだったのだ。母は間違っていない。母の行き方は正しい。それを証明したかった。嘘でもいいから、母にだけは信じていてほしかったのだ。

だが、ある些細な事件が、アレックスに微妙な変化を齎す。

母は言った。「私はあなたたちに嘘を言っていた」と。夫は女を作って西側へ行ったわけではない。夫が亡命したのは、夫自身のためであり、クリスティアーネ自身も西へ行くつもりだったのだと。この告白を聞いたときのアレックスが、なんとも重い。ずっしりと重く、そして痛い。

ここからが本番。終盤に向け、胸が熱くなった。アレックスがデニスと共に作った最後のニュース番組。それを母と一緒に見た時の、彼の誇らしげな表情。そして、「すばらしいわ」と言った母の表情。それが、全てを物語っている。泣ける映画が見たくなった時、ぜひこの作品を手に取ってみてほしい。

日本版公式ホームページ


映画の世界を広げよう♪


2003年 ドイツ
監督:ヴォルフガング・ベッカー
出演:ダニエル・ブリュール、カトリーン・サーズ、チュルバン・ハマートヴァ、マリア・シモン他

自己満足的評価 ★★★★☆





  • Category > -
  • Written by > スポンサードリンク

Comments

▼コメントする









Trackbacks

Trackback URL

◆グッバイ、レーニン!


グッバイ、レーニン! [DVD]/ダニエル・ブリュール,カトリーン・サーズ,チュルバン・ハマートヴァ ¥3,990 Amazon.co.jp 近所のレンタル屋さんを 二店舗、くまなく調べ回って見つからず。 なんやかんやで、やっとこさ 入手することに成功して、観賞し

  • シネマと書店とライブハウス 〜 映画と本と音楽と 〜
  • 2010/08/10 2:50 AM
このpageのtopへ▲

2017

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
       
     iPhoneもAndroidもWidget World(ウィジェット・ワールド)

SUPERMARKET FANTASY [初回限定盤:CD+DVD]
ダークナイト 特別版 [DVD]
バック・トゥ・ザ・フューチャー
clock

Recent Comment

  • QR-code
  • qrcode
  • RSS 1.0
  • Atom 0.3
  • others
  • Administrator
  • Template Support
  • 今日のニュース
    このpageのtopへ▲