Hey,Doc!

10時4分?!
頼む!エンジンかかってくれ!!

一定期間更新がないため広告を表示しています



  • Category > -
  • Written by > スポンサードリンク

 

自分が余裕のある人間って思いくさって、失ったり、欲しがったりする人間を馬鹿にした目で眺めとう。

そうじゃないとよ。

そうじゃ人間はだめとよ――。

若い女性保険外交員の殺人事件。ある金持ちの大学生に疑いがかけられるが、捜査を進めているうちに土木作業員、清水祐一(妻夫木聡)が真犯人として浮上してくる。しかし、祐一はたまたま出会った光代(深津絵里)を車に乗せ、警察の目から逃れるように転々とする。そして、次第に二人は強く惹かれ合うようになり……。

朝日新聞夕刊に連載され、毎日出版文化賞と大佛次郎賞を受賞した吉田修一の話題作を映画化した犯罪ドラマ。

今日、この作品を見てきました。モントリオール世界映画祭ワールド・コンペティション部門にて、深津絵里さんが最優秀女優賞を受賞したのです!それが見る動機でした。じゃないときっと見てなかったと思う。

まず言いたいのは、この映画の見所は何なのかということ。いや、皆に「ここだけでいいから見とけ!」と言っているわけではない。個人的に、今後また繰り返し見ることになるであろう作品になったことが確定したため、覚え書きのつもりで述べさせてもらう。

本当に、俳優陣の演技が半端ない。

そう、半端ないのです。深津さんはもちろん素晴らしかった。公衆電話で妹と会話している時の表情が、一番息を飲む演技だったと思う。すごい目をしてる。そして、柄本明と樹木希林は人並み外れた存在感だった。満島ひかりは超憎たらしかったし、岡田将生はかなりキモかった。すごい演技力だ。だけど、とても意外だったのが妻夫木聡。彼の演技は、過去の作品において個人的にそんなに評価できなかったのだが、本作でそれが180度変わった。ガラッと。ほんとに音が出るくらいにガラッとだ。

何がすごいって、言葉ではうまく表せないけど、あえて言うなら「目の焦点」がものすごかった。
冒頭で彼が携帯の画面を見つめる時や、車の運転をしている時、人と対面する時や食事をする時、彼の視線はその対象物を見ているのだけれど、実は「何も見ていない」ように見えるからだ。焦点はもちろん物に定まっている。しかし、その眼球がまるで洞窟のように深淵で、闇にまみれていて、物を「見れていない」ように見える。空虚で、力がない。この目の演技は、そう易々と出来ないだろう。しかし、彼の行動は対照的に動物的だ。感情がない分、内に秘められた強い本能が、ナイフの切っ先のように、その瞳の中にわずかにちらついている。でも、彼が初めてしっかりとした目で物を見つめる瞬間がある。それは、光代の手に触れようと、必死で自分の腕を伸ばす場面。詳細はあまり書けないけれど、この時の彼の両眼は、確かにある一点に集中していた。確実に、明瞭に。

それを十分堪能したあと、再び驚くはず。この映画のラストカットに。

この話題は、これ以上はネタバレになるので伏せる。

さて、この映画のタイトルは「悪人」。悪人? 祐一は間違いなく悪人だよね。でも、何か釈然としない……。あ、なるほど。これってもしかして……!

そう、この映画は、登場人物の全員が悪人なのだ。一人残らず悪人。皆さんはどうだろう。「殺人犯」と聞くと、まるで人間ではなく、モンスターかのように捉えてしまっているのではなかろうか。私ももちろんそのうちの一人である。

しかし、この映画を見たら気づくはず。あなたもそうなんですよ、あなたの中にもモンスターが潜んでいるんですよ、とこの映画は教えてくれているのだ。だから、どこか遠い世界のおとぎばなしではなく、ぐっと身近に迫る血の通った作品になっているのだと思う。

エンドロールで流れる美しい歌声。北海道出身の歌手、福原美穂の「Your Story」という曲だそう。ほんとに素晴らしいので、映画館のサウンドで体感してほしい。

悪人 予告

公式サイト

映画の世界を広げよう♪

JUGEMテーマ:映画

2010年 日本
監督:李相日
出演:妻夫木聡、深津絵里、岡田将生、満島ひかり、樹木希林、柄本明、宮崎美子、松尾スズキ、光石研、余貴美子他
原作:吉田修一「悪人」
脚本:吉田修一、李相日
音楽:久石譲

自己満足的評価 ★★★★☆





  • Category > -
  • Written by > スポンサードリンク

Comments

映画は見てないけど、
「人間界は勧善懲悪では計れない」という事なのでしょうか。
  • 感想
  • 2010/09/28 12:04 AM
感想さん
コメントありがとうございます☆そうですね。この世の基本は勧善懲悪であることはあるのでしょうけれど、それがこなしきれていないんですよね。事件として立件できていない事件が無数にありますし、たとえ法的措置をとられてもそれで本当に懲らしめたことになるのかどうかが怪しいものです。それに、死刑制度によって、人間が人間を殺すことを合法化しています。それを言ったらキリがありませんが、勧善懲悪を実行するのは本当に難しいです。そういった意味では、映画「告白」はすごい映画だと思いました。
  • ロレイン
  • 2010/09/28 9:24 AM
相変わらず巧みなレビューをなさるお方だ。スピルバーグも真っ青だぜ。てか今さらながら…黒澤明(監督)やばいっす!特に「用心棒」と「赤ひげ」と「どですかでん」がおすすめです!よろしくどーぞ。
  • チャップリン
  • 2010/10/04 3:13 AM
チャップリンさん
コメントありがとうございます!私の記事はただただ自己満足にまとまらない文章を羅列しているだけなんですよ…。真の自己満足日記です笑 そうそう。私は、黒澤作品を見ていないんです。この時点でまだまだ甘ちゃんなんですよね!その3作品、ぜひチェックしてみます!!
  • ロレイン
  • 2010/10/04 10:02 PM
▼コメントする









Trackbacks

Trackback URL

映画「悪人」誰かと出合いたかった、それだけなのに


「悪人」★★★★☆オススメ 妻夫木聡、深津絵里、岡田将生、満島ひかり、柄本明、樹木希林出演 李相日監督、139分 、2010年9月11日公開、2010,日本,東宝 (原題:悪人」)                     →  ★映画のブログ★           

  • soramove
  • 2010/10/16 9:21 AM
このpageのtopへ▲

2017

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
       
     iPhoneもAndroidもWidget World(ウィジェット・ワールド)

SUPERMARKET FANTASY [初回限定盤:CD+DVD]
ダークナイト 特別版 [DVD]
バック・トゥ・ザ・フューチャー
clock

Recent Comment

  • QR-code
  • qrcode
  • RSS 1.0
  • Atom 0.3
  • others
  • Administrator
  • Template Support
  • 今日のニュース
    このpageのtopへ▲