Hey,Doc!

10時4分?!
頼む!エンジンかかってくれ!!

一定期間更新がないため広告を表示しています



  • Category > -
  • Written by > スポンサードリンク

 

――自由とは魂が呼吸する権利、

呼吸を奪われた魂は絶命する――。

深い心の傷を負った天才青年と、同じく失意の中にいた精神分析医がお互いにあらたな旅立ちを自覚して成長してゆく姿を描く感動のヒューマン・ドラマ。ボストンに住む青年ウィル(マット・デイモン)は、幼い頃から天才ゆえに周囲から孤立していた。だが、彼の才能に気づいた数学教授のランボー(ステラン・スカルスガルド)は、ウィルに精神分析医のショーン(ロビン・ウィリアムス)を紹介する。ウィルはショーンにしだいに心を開いてゆくが、彼の才能に気づいた政府機関や大企業が接近してくる。

この映画は、ずーっと前から見たかったのですが、レンタルショップにリクエストしても「この作品はセル専門ですのでレンタル商品としてはお取り扱いできません」ときっぱりと言われていた作品でした。しかし、この間ショップに行くと、思い切り目立つところに陳列されていて、見間違いかと思って二度見してしまいました。でも、確かに本作だったんです。しかもBDが!!

この作品、見たくてもずっと見れなかったせいで、期待度もかなり高かったのですが、鑑賞し終えた瞬間、大満足のため息が出たことは言うまでもありません。これは、間違いなく名作傑作です。

ウィルは現役の一流大学生でも解けない問題をすらすらと解いてしまう飛び抜けた頭脳の持ち主。しかし、その頭脳のせいで周囲へ疎外感を抱き、心を閉ざし、暴力に明け暮れる毎日を過ごしている。仕事は清掃員だったが、度重なる暴力事件のせいでクビになる。そんな中、ウィルが大学の構内にある黒板に難問を解いた数式を書いているところを教授ランボーに見つかる。少年院送りにされそうになったところをランボーが身元引受人として預かることになる。条件は数学の難問を解くことと、セラピーを受けること。

ウィルはセラピーなど絶対に受けたくないと拒否するも、少年院送りになることを考えると得策ではないと思い直し、ランボーの提示した条件を呑むことになった。しかし実際は、どんなカウンセラーも舌を巻くほどの不躾な態度を取り続けるウィルに手を焼くばかり。数人のカウンセラーが全滅したところで、ランボーは奥の手……いや、最後の手段に打って出る。それは、ランボーの旧友(?)であり精神分析医であるショーンにセラピーを頼むということだった。

この映画、メインはウィルとショーンの心の戦いである。ウィルはショーンを小馬鹿にしたり無視したりと、挑発し続ける。それに対し、ショーンは上から見下すのでもなく、下からへつらうのでもなく、対等に、ありのままの姿でウィルと向き合っていく。もう、最初から取り繕うこともせず、裸のままで対峙するのである。それは、ウィルを全力で受け止めるという彼なりの覚悟の表れなのだろうと思う。

なぜショーンはいきなり全力投球できたのか。それは彼の人柄によるところが大きいのだが、ウィルが初対面の時にとった行動も引き金となっている。

ウィルはショーンの部屋に飾られた一枚の絵画に目をつける。それはショーンによって描かれた絵なのだが、その絵についてウィルが意気揚々と得意気に批評したことにより、ショーンの心を深く傷つけてしまう。ショーンにとって絶対に触れられたくない部分に土足で上がりこみ、踏み潰されてしまったのだ。この一件があって、ショーンは打ちひしがれるどころか、誠心誠意、ウィルと戦う覚悟を決めたのだ。

私がこの映画の中で一番好きなシーンがある。台詞を記すため、ネタバレが嫌な人は注意してほしい。

ウィルとショーンが公園のベンチで会話をするシーン。ショーンの言葉をのらりくらりとかわして、まるで向き合おうとしないウィルに対して語った台詞だ。


“君が絵について言ったことを考えた。眠らずに考えた。ある結論が出て、その後君のことを忘れてぐっすり眠った。その結論を? 君は自分の言葉が分かってない子どもだ。ボストンを出たことは? 美術の話をすると君は美術本の知識を、ミケランジェロにも詳しいだろう。彼の作品、政治的野心。法王との確執。セックス面での好み。だがシスティナ礼拝堂の匂いを? あの美しい天井画を見上げたことが? ないだろう? 女の話をすれば君は好きなタイプを挙げる。女と寝たこともあるだろう。女の隣で目覚め真の幸せを感じたことが? 君は難しい子だ。戦争の話ならシェイクスピアを引用。「もう一度突撃を、友よ」だが本当の戦争を? 撃たれた戦友を抱いて息を引き取るのを見守る気持ちを。愛の話をすれば、君は愛の詩を暗唱。自分をさらけ出した女を見たことは? 目ですべてを語っている女は? 君のために天から舞い降りた天使。君を地獄から救い出す。君も彼女の天使となって彼女に永遠の愛を注ぐ。どんな時も……癌に倒れても。2カ月もの間、病院で彼女の手を握り続ける。医者も面会規制のことなど口に出せない。自分への愛より、強い愛で愛した誰かを失う。君はその悲しみを愛を知らない。今の君は生意気な怯えた若者。だが天才だ。それは認める。天分の深さは計り知れない。だが、絵一枚で傲慢にも僕って人間を切り裂いた。君は孤児だろ? 僕がこう言ったら? 「君のなめた苦しみはよく分かる。『オリバー・ツイスト』を読んだから」どういう気がする? 僕にとってはどうでもいいことだ。君から学ぶことは何もない。本に書いてある。君自身の話なら喜んで聞こう。君って人間に興味があるから。それはイヤなんだろ。君はそれが怖い。後は君次第だ”(映画:グッド・ウィル・ハンティングより)

ショーンもまた、ウィルの心へ土足で踏み込む。それはウィルの人生を一緒に背負い込むほどの度胸と忍耐と勇気が必要だ。ウィルの表情は、責められた子どものように見える。それでいい。ショーンによってウィルの厚い皮がめくれ、ありのままの彼の姿を表出させたのだ。

これで、二人は同じ土俵に立ち、心と心をぶつけあっていく。ウィルにとってショーンは初めて自身を理解してくれた大人であり、ショーンにとってウィルは初めて自身の壁の存在を教えてくれた子どもだったのだ。

いつしか二人はお互いがお互いを求め合い、助け合っていく。その過程が見事に描かれた作品だった。特筆すべきなのは、この脚本を作ったのが、ウィル役のマット・デイモン本人であること。彼がハーバード大学在学中にこれのたたき台となる戯曲を制作し、それを友人のベン・アフレックに見せたところから、この映画は始まっていたのだ。二人が協力して作り上げた脚本は、見事アカデミー賞脚本賞を受賞している。当時は無名だった二人が起こした奇跡の物語。ぜひ、鑑賞してみてほしい。

予告編

グッド・ウィル・ハンティング IMDb

映画の世界を広げよう♪ クリックよろしくです↓

1997年 アメリカ
監督:ガス・ヴァン・サント
出演:マット・デイモン、ロビン・ウィリアムス、ベン・アフレック、ミニー・ドライヴァー、ステラン・スカルスガルド、コール・ハウザー他

自己満足的評価 ★★★★★





  • Category > -
  • Written by > スポンサードリンク

Comments

こだわったセリフが おもしろいですね。
まだ この映画 見ていないです。
オリバーツイストで プログ検索中です
オリバーツイスト 名作ということは知っているんだけれど まだ 読んだ事も 映画 舞台も まだ 観た事も無いです。本訳も いろんな人が しているんですね。人生で 一度はこの作品に 触れておきたいです。
映画同好会(名前検討中 読書同好会(名前検討中
  • 村石太キッド&リンゴ星人
  • 2012/09/07 9:56 PM
▼コメントする









Trackbacks

Trackback URL
このpageのtopへ▲

2017

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
       
     iPhoneもAndroidもWidget World(ウィジェット・ワールド)

SUPERMARKET FANTASY [初回限定盤:CD+DVD]
ダークナイト 特別版 [DVD]
バック・トゥ・ザ・フューチャー
clock

Recent Comment

  • QR-code
  • qrcode
  • RSS 1.0
  • Atom 0.3
  • others
  • Administrator
  • Template Support
  • 今日のニュース
    このpageのtopへ▲